Pinguinus’s diary

旅行の記録を気が向いたときに載せています

ベルヴィル地区、チャイナタウン、凱旋門カウントダウン

ライム

f:id:Pinguinus:20201014202057j:plain

電動キックボード。スマホにアプリを入れて、キックボード備え付けのQRコードを読み取ると、メーターが点灯し走れるようになる。サービスエリア内であれば、好きなところで拾って、好きなところで捨ててもよい。時速30キロは出せるので、歩道ではなく自転車道を走らなければならない。なお、距離課金制で2キロほどで3ユーロほどするので、一日中乗り回しているわけにもいかない。

今回はメトロがストライキ中だったので、特に坂を登ることになる北のほうに行くときに使った。

 

ベルヴィル地区

20区と19区にまたがる地区で、中国系の移民が多い。とくに1980年代以降にやってきた新華僑によってチャイナタウン化がすすんだ。古くからユダヤ人やアラブ人などの労働者層を受け入れてきた移民街であり、移民を受け入れる風土があった土地であったらしい。

 

f:id:Pinguinus:20201017161614j:plainメトロのベルヴィル駅から東へ延びるベルヴィル通りから市内を見下ろす。タイ料理店がみえる。

 

f:id:Pinguinus:20201014201747j:plain

f:id:Pinguinus:20201014201732j:plain

f:id:Pinguinus:20201014201802j:plain

フランスの華僑には温州のあたりの出身者が多く、ベルヴィルでも温州を名乗った店舗がみられる。

 

マルシェ・ベルヴィル

ベルヴィル駅からベルヴィル大通りをメニルモンタン方面に南へ行くと、朝市が行われていた。ぱっと見た感じ、アフリカ系と思われる人も多かった。ベルヴィル界隈について事前にネットで調べていたとき、この界隈は移民が多いので治安が悪い、との書き込みが散見された。何をもって治安が悪いとするかは人それぞれだが、移民が多いことと治安は直結しないなあと思ったり…

 

f:id:Pinguinus:20201017163346j:plain

年末のパリは午前9時半にようやく日が昇り始める。

 

f:id:Pinguinus:20201014201817j:plain

f:id:Pinguinus:20201014201832j:plain

f:id:Pinguinus:20201014201846j:plain

果物や魚介類、日常雑貨やかんたんな惣菜なども売っている。

 

f:id:Pinguinus:20201017163400j:plain

f:id:Pinguinus:20201014201900j:plain

朝食がてら、ハラールチキンを購入した。2ユーロしないで2本買えた。

 

ペール・ラシェーズ墓地

20区にあるパリ最大の墓地。規模は段違いだが、位置とかの感覚的には東京でいうと谷中霊園に近いような気がする。

 

f:id:Pinguinus:20201014201930j:plain

f:id:Pinguinus:20201014202002j:plain

入り口まで続く壁にはおそらく埋葬されている人の一覧がある。

 

f:id:Pinguinus:20201014202017j:plain

入り口を入ったところに著名人の墓の案内がある。QRコードの張り紙がしてあって、それにアクセスすると地図をダウンロードできる。

 

 

f:id:Pinguinus:20201014202031j:plain

ロゼッタストーンを解読したシャンポリオンの墓。

 

f:id:Pinguinus:20201014202042j:plain

ショパンの墓。ポーランド国旗が置かれているのでわかりやすい。

 

ヴァンセンヌの森

ペール・ラシェーズ墓地からさらに南下して12区へ向かうと、ヴァンセンヌの森がある。公園内にはヴァンセンヌ城や動物園などがある。あまりに広くて回りきれず、今回は入口のあたりを散策するだけにした。16区のブローニュの森とほぼ対称の位置にあるので覚えやすい。ヴァンセンヌ競馬場もある。

 

f:id:Pinguinus:20201014202113j:plain

上空には飛行機雲がひっきりなしにできている。

 

チャイナタウン(13区)

f:id:Pinguinus:20201014202142j:plain

2019年年末、パリの交通機関はだいたいストライキによって運行していなかった。しかし、平常運行していたトラムを使って、12区から13区まで移動した。

 

f:id:Pinguinus:20201014202320j:plain

昼食はすこし奮発して、中華ビュッフェにした。日式中華よりも全体的に甘めで、のっぺりしている印象を受けた。飲み物もつけて、12ユーロくらいであった。

 

f:id:Pinguinus:20201014202706j:plain

オランピアード広場。13区のチャイナタウンは、団地から始まっている。このあたりはもともと自動車工場があって、高層団地として再開発された。ただ、工場時代のイメージの悪さからか、団地には空き家が多く発生した。ちょうどそのころ、旧フランス領インドシナの国々の情勢の悪化に伴い、フランスに移民する華人が急増した。その華人がその空き家に住むようになることで、チャイナタウン化が進んだという経緯がある。

どことなく、川口の芝園団地と似ている気がした。芝園団地は、都心部に住んでいた華人たちが家賃の上昇など様々な要因で郊外へ移動していった華人が住むようになったという経緯があるが、華人と団地という組み合わせに変わりはない。

 

f:id:Pinguinus:20201014202554j:plain

f:id:Pinguinus:20201014202625j:plain

f:id:Pinguinus:20201014202608j:plain

陳氏商場。ここだけ切り取れば中国そのものである。商品も中国からの輸入品か、冷蔵が必要で賞味期限が長くない、餃子とか肉まんであればパリ近郊の工場で生産されているものも多かった。

 

トゥール・モンパルナス

f:id:Pinguinus:20201014202753j:plain

f:id:Pinguinus:20201014202808j:plain

15区にある。英語読みではモンパルナス・タワー。パリで一番高いビルらしい。また、タワーのふもとには南フランス行きの電車が発着するモンパルナス駅がある。

 

アンヴァリッド

f:id:Pinguinus:20201014202823j:plain

日本語だとしばしば廃兵院と表記される。傷病軍人のための施設として作られ、ナポレオンの墓もある。

 

エッフェル塔

f:id:Pinguinus:20201017190315j:plain

登るのには予約が必要らしかったが、予約もしていないので下から眺めるだけにした。

f:id:Pinguinus:20201014202836j:plain

エッフェル塔のふもとでは、さまざまな物売りがいた。防寒具や光るオモチャ、あと目立ったのはワイン売り。

 

f:id:Pinguinus:20201014202850j:plain

セーヌ川エッフェル塔のふもとはピカピカしていた。

 

凱旋門シャンゼリゼ通り

f:id:Pinguinus:20201014202949j:plain

シャンゼリゼ通りで年越しカウントダウンをした。シャンゼリゼ通りに入るには警察の手荷物検査を受ける仕組みになっているため、シャンゼリゼ通りにつながるいくつかの道は封鎖される。

また、シャンゼリゼ通り内にはトイレがない。トイレに行きたくなったら、規制エリアを一度出て、公衆トイレに行くしかない。パリ市が設置する公衆トイレは次のサイトから検索できる。

https://www.paris.fr/pages/les-sanisettes-2396

なお、パリの公衆トイレには自動洗浄機能がついており、一人が使い終えると一度自動で扉が閉まり、1分ほどの自動洗浄ののち、再び扉が開いたら次の人が使用可能になる。誤って自動洗浄のときに入ってしまうとトイレの洗浄水を全身に浴びることになってしまうらしい。

f:id:Pinguinus:20201014203003j:plain

カウントダウン開場には、ところどころ大型ビジョンもついており、凱旋門から離れた位置でも凱旋門の様子がわかるようになっている。

 

f:id:Pinguinus:20201014203024j:plain

カウントダウン後はメトロ1号線が無料で乗れる。なお、シャンゼリゼ通り近くのメトロ駅は封鎖されているので、コンコルド駅から乗車した。

総合旅行業務取扱管理者試験を受けてきた

本年度の総合旅行業務取扱管理者試験を受けてきた。

総合旅行業務取扱管理者試験とは、旅行業法で旅行会社の営業所ごとに置くことが定められている「総合旅行業務取扱管理者」の資格を得るための国家試験であり、旅行業協会が実施している。旅行会社が営業するには、この資格を持った人が必要である。

なお、これとは別に「国内旅行業務取扱管理者」の資格も設けられている。「総合」はその名のとおり海外旅行、国内旅行を含めてすべての旅行を扱えるが、「国内」は国内旅行だけに限定されるのが違いである。

とくに私は旅行会社に勤めようという気もないのだが、これまでの経験から、旅行についてある程度は知識を得た気がしたので、話の種にでもなればと思って受けてみることにした。

 

試験の構成

①旅行業法

 旅行業界の基本的な法律である「旅行業法」についての試験。

②約款

 旅行業界で標準的に用いられる「旅行業約款」についての試験。

③国内旅行実務

国内の観光地についての知識、貸切バス、フェリー、国内航空、JRの運賃計算などについての試験。

④海外旅行実務

国際航空券の運賃計算、CIQ関連法令、英語の文章読解、海外観光地についての知識、時差計算、航空機の乗り継ぎ、航空会社コード、ホテル用語などについての試験。

 

国内旅行業務取扱管理者の資格を持っていたり、旅行会社での実務経験があったりすると免除される科目もあるようだが、何も免除になっていないので、詳しいことは調べていない。

 

試験当日まで

昔から試験を受けるために、試験対策用の参考書を使って勉強するのはあまり好きではない。過去問をやりながら、作問者がどこからどのように問いを作ったかをたどる作業が好きなのである。それゆえ、関連法規などをネットで検索して確認しながら、旅行業協会のホームページに載っている過去問5年分をじっくり問いていった。(なお、うまくURLをいじると、それよりも前の過去問にもアクセスできる。)

以下のホームページはたいへんよくまとまっていて、適宜参考にさせていただいた。このサイトがなければ、確実に合格していない。

medakaholidays.com

 

 

試験当日

試験開始は11時だったが、9時前には早稲田駅に着いたので、駅前のモスバーガーでしばらく勉強する。周りはだいたい同じ試験を受けるようだった。

開場は10時とのことだったので、10時10分ごろに早稲田大学3号館へ行ったところ、入り口で検温が行われていて、3度ほど折り返す行列ができていた。

10時40分、試験の説明が始まる。この教室には免除者はいないので、全部の科目を解いてくださいと指示があった。また、開始30分後から終了10分前の間ならば、終わったら退出してよいとのこと。

11時、旅行業法と約款の試験が始まる。ぎりぎり合格点が取れればいいかという目論見だったので、なんとなく解きすすめる。12時20分までだったが、随分早く終わったので11時45分ごろに途中退出した。

早く退出できたので、早稲田から少し歩いて肥後細川庭園に行く。ベンチで午後の確認をする。過去問を解いていて、やけにハワイとアルプスについて詳しく聞かれたような気がしたので、そこだけ覚えておく。

13時10分ごろ、試験室に戻る。また説明があって、13時30分から国内旅行実務、海外旅行実務の試験が始まる。当てはまるものをすべて答えよ、という質問が急増しており戸惑ったが、適当にやり過ごす。試験時間は15時20分までだったが、15時前には退出した。

帰宅後、ユーキャンが出している解答速報と照らし合わせたところ、全科目ぎりぎり6割を超えていた。記入間違えがなければ合格しているはずである。

 

 

【オランダ・フランス周遊】ロッテルダム-パリ タリス乗車記

ロッテルダム中央駅ではユーロスターアムステルダム直通運転にそなえてパスポートコントロールの工事がすすめられていた。

f:id:Pinguinus:20200930101730j:plain

ロンドンとパリ,ブリュッセルを結ぶユーロスター利用にあたっては,乗客はイギリス,シェンゲンエリアの出入国手続きが乗車前にまとめて受ける。パリ発ならシェンゲンエリアの出国手続きとイギリスの入国手続きをパリ北駅で済ませる。ロンドン到着後には,手続きが不要になる。

ロンドンで出入国手続きを済ませてしまうロンドン⇒アムステルダムユーロスターは運行されているものの,アムステルダムロッテルダムにはイギリスの入国設備がないため,アムステルダム⇒ロンドンの直通列車が運行できない。アムステルダムロッテルダムでもイギリス入国手続を行えるようにして,直通列車を運行できるようにする算段のようだ。

 

19:58ロッテルダム発,22:35パリ北着のタリスに乗ってパリへ向かう。フランス語で放送の案内があり,事情は理解できなかったが,ブリュッセルを過ぎたあたりからスピードが遅くなり30分ほど延着になった。

f:id:Pinguinus:20200930101714j:plain

 

 治安がよくないとさまざまなところで噂されるパリ北駅だが,私はそこまで悪いとは感じなかった。スーツケースを持っていたが,とくに危険な目にもあっていない。もちろん,私が男性であり,ヨーロッパの人々と互角な体格をしていることも影響しているかもしれない。

f:id:Pinguinus:20200930101658j:plain

今回は,パリ20区のベルヴィル地区に宿泊した。滞在期間がメトロのストライキと丸かぶりしていたため,はじめからメトロで移動するのは諦めていた。およそ3キロと歩ける距離だったのでタクシーで移動するのもはばかられ,歩いて行くことにした。(タリスが遅れなければ,路線バスで移動できたようなのだが…)

夜のサンマルタン運河をこえる。

f:id:Pinguinus:20200930101642j:plain

 

宿泊したのはこちらのホステル。いわゆる移民街にあるため治安の面で心配する声があるものの,私はむしろエスニックタウンに泊まりたいと思っていたのでかえって好都合だった。ふだんは会社員をしているという同室になった日本人は,前日にロンドンでアルマーニ詐欺に遭い,30万円ほど払ってしまったと話していた。

それにしても,パリはホステルでもなかなか宿泊費が高い…

www.tripadvisor.jp

【オランダ・フランス周遊】ユトレヒト

ミッフィーのファンであったので,ユトレヒトへ行こうと決めた。しかし,あまり下調べをしなかった結果,ミッフィーミュージアムの休館日にあたってしまった。

 

ユトレヒト中央駅

f:id:Pinguinus:20200930131046j:plain

ユトレヒトの繁華街は,中央駅直結のショッピングモールを抜けたところにある。ショッピングモールには,だいたいのものがそろっている。

 

ミッフィー信号

f:id:Pinguinus:20200930111114j:plain

f:id:Pinguinus:20200930131658j:plain

ちょうどバイエンコルフの前の信号がミッフィーになっている。ピントをあわせている間に信号が点滅しはじめるので,写真を取るのはなかなか難しい。

ミッフィーミュージアム

f:id:Pinguinus:20200930111130j:plain

f:id:Pinguinus:20200930132039j:plain

f:id:Pinguinus:20200930132023j:plain

あいにく休館日に訪れてしまったため,中には入っていない。事前予約をしようとしたときに気がついた。ミッフィー像のまわりに,中国系とおもわれる女性2名が写真を撮りたそうにしていたので,撮ってあげるかわりに私も撮ってもらうことにした。

 

ミッフィー広場

f:id:Pinguinus:20200930131935j:plain

f:id:Pinguinus:20200930131920j:plain

ディック・ブルーナ氏のご子息が作ったらしい,鉄板製のミッフィー。繁華街の終点からしばらくミッフィーミュージアムとは反対方向に行ったところにある。

 

ミッフィー

f:id:Pinguinus:20200930131952j:plain

f:id:Pinguinus:20200930134628j:plain

片面がミッフィー,片面がブルーナー氏になっている像。

 

ドム塔

f:id:Pinguinus:20200930111200j:plain

f:id:Pinguinus:20200930132009j:plain

オランダで一番高い塔らしい。工事中だったので,全面がシートにおおわれていた。ドム塔のふもとには観光案内所があり,ミッフィーグッズが売られている。ここでは,クレジットカードしか使えないらしかった。

 

クロケット・バーガー(マクドナルド)

f:id:Pinguinus:20200930111214j:plain

オランダ国内のマクドナルドで限定発売されている,クロケットをはさんだハンバーガー。FEBOのクロケットとあまり大差がない。味は可もなく不可もなく。

 

【オランダ・フランス周遊】アムステルダム

アムステルダムには3日滞在した。その後,ユトレヒトをまわってロッテルダムへ行き,ロッテルダムからタリスでパリへ向かう予定となっていた。アムステルダム市街地はそこまで広くないので,歩こうと思えば歩いて回れる。

 

アンネ・フランクの家

あまり下調べをせずに行ったら,じつは入館予約が必要で,しかも随分早いうちからしなければならなかったらしい。また今度。

f:id:Pinguinus:20200930110822j:plain

 

Winkel 43

アンネ・フランクの家からほど近いところにあるアップルパイの店。たまたまツイッターで見かけたので行くことにした。なかなか美味しかった。

f:id:Pinguinus:20200930110850j:plain

www.tripadvisor.jp

およそ1週間以上の旅行へ行くときは,着替えを日程の半分くらいだけ持っていき,足りないぶんは現地で買うか,コインランドリーで洗濯するかしている。この店から数十メートルのところにコインランドリーがあった。英語の操作説明がなかったので使い方に迷ったが,たまたま居合わせた親切なお兄さんが英語で教えてくれた。洗濯が終わるまで40分ほどの間に,アップルパイを食べに行った。

f:id:Pinguinus:20200930110836j:plain

 

FEBO

f:id:Pinguinus:20200930110906j:plain

f:id:Pinguinus:20200930124320j:plain

オランダじゅうにあるファストフード店。自販機で買える仕組みになっている。「クロケット」という棒状のコロッケが買える。味は可もなく不可もなく,といった感じ。

 

チャイナタウン

f:id:Pinguinus:20200930110922j:plain

f:id:Pinguinus:20200930110938j:plain

いわゆる「飾り窓」地区から歩いてすぐのあたりには,チャイナタウンが広がっている。中華料理店,物産店から,寺院まである。

 

王宮

f:id:Pinguinus:20200930111012j:plain

中に入るだけで10ユーロほどするので,外から見るだけにとどめた。となりには,アムステルダム新教会がある。教会では,オランダの旧植民地スリナムに関連する行事をやっていたらしい。

 

アムステルダム中央駅

f:id:Pinguinus:20200930124336j:plain

f:id:Pinguinus:20200930125548j:plain

f:id:Pinguinus:20200930125413j:plain

東京駅のモデルとなったといわれている。駅を出るとすぐにトラム乗り場と運河がある。駅周辺には全体的にぜんぜん高い建物がないのに,ずっしりつまった感じを受けた。

 

バイエンコルフ・デパート

f:id:Pinguinus:20200930125225j:plain

オランダ最大の百貨店チェーン店。ロッテルダムやハーグにもある。今回はリュックサックとスーツケースが壊れたので,ここで新しいのを買って古いのはそのまま捨ててしまった。有料トイレが多い中,バイエンコルフはトイレが無料で使える。

 

アルバート・ハイン

f:id:Pinguinus:20200930111029j:plain

f:id:Pinguinus:20200930111045j:plain

オランダじゅうどこにでもあるスーパーマーケット。滞在中は昼食こそ外食したが,夕食はアルバート・ハインで済ませた。袋入りのサラダが1ユーロなので,かなりコスパがよい。さらに,スーパーマーケットで生ハムも1ユーロほどで買えてしまう。写真のぶんだけ買っても10ユーロもしなかった。

HEMA

f:id:Pinguinus:20200930111229j:plain

f:id:Pinguinus:20200930124351j:plain

オランダじゅうにある店。雑貨店とフードコートがあわさった感じの上品なチェーン店。HEMAのホットドックがきわめて好みだった。マスタードの具合とかがよかった。一日2つは食べていた気がする。

 

【オランダ・フランス周遊】デルフト、ハーグ、スケベニンゲン 鉄道移動

ロッテルダムからアムステルダムまで、鉄道で向かう。

f:id:Pinguinus:20200715090217j:plain

落書き電車が来る。

 

f:id:Pinguinus:20200715090416j:plain

落書きされた窓からは何も見えないし、光が入らないので車内が暗い。

f:id:Pinguinus:20200715090439j:plain

 

デルフトで途中下車。デルフト駅は地下ホーム。

f:id:Pinguinus:20200715090603j:plain

新教会とその向かいにある市庁舎。新教会はチケットを買えば塔の上まで登れるが、荷物が重かったので断念。

f:id:Pinguinus:20200715090741j:plain

f:id:Pinguinus:20200715090750j:plain

 

途中で白身魚フライ「キブリング」を食べた。ソースが美味。

f:id:Pinguinus:20200715090756j:plain

 

 そのまま電車に乗り、ハーグへ。ハーグには、「デン・ハーグHS駅」と「デン・ハーグ中央駅」の2つの主要駅がある。アムステルダム方面への電車は、「デン・ハーグHS駅」のほうが多いようである。

f:id:Pinguinus:20200715092145j:plain

 駅を出たところにトラム乗り場がある。トラムに乗り、スケベニンゲンへ向かう。

f:id:Pinguinus:20200715092154j:plain

 スケベニンゲンは北海を望むビーチであるが、ショッピングセンターやホテル、カジノなどがある。ハーグ中心部からトラムで15分ほどの位置にあるリゾート地である。

f:id:Pinguinus:20200715092200j:plain

f:id:Pinguinus:20200715092924j:plain

 

 平和宮(Peace palace)。国際司法裁判所がある。ツアー等もあるらしいが、とくに時間が合わなかった。ビジターセンターがあり、簡単な展示と土産物屋がある。

f:id:Pinguinus:20200715092930j:plain

 中心街からデン・ハーグHS駅へ向かう途中にチャイナタウンがある。

f:id:Pinguinus:20200715093516j:plain

再び電車にのり,宿泊するホステルのもより駅、アムステルダム・スローテルダイク駅へ向かう。アムステルダム中央駅の一駅となりであるが,かなり静かな印象を受ける。

f:id:Pinguinus:20200715093957j:plain

しばらく住宅街を抜けて歩いたところにあるホステルに滞在した。滞在中,スーツケースがこわれて使い物にならなくなったので,古いスーツケースを捨てたいとフロントに伝えたところ,とくに費用もなく引き取ってくれた。

www.tripadvisor.jp

モバイルPASMO,モバイルSuicaのオートチャージについて考える

 使用していたXperia XZ3が破損したので、docomoの補償サービスを使って、Xperia 1に交換した。docomoの補償サービスは、同一機種への変更が原則であるが、在庫切れなどの場合は、上位機種へ交換されることがある。

 私は西武線沿線在住のため、Xperia XZ3では、定期券に加えて、プリンスポイントカードを紐づけたモバイルPASMOを使用していた。なお、ポイントをJALマイルに集約するため、東急カードでオートチャージを設定した。

 今回手に入れたXperia 1は、数少ないモバイルSuicaとモバイルPASMOを併用できる機種の一つである。そこで、モバイルSuicaをも同時に使っていくことにしたのである。モバイルSuicaオートチャージには、JALカードSuica Club-Aカードを使用する。

 東急カードとJALカードSuicaでそれぞれオートチャージしたとき、付与されるポイントは次のとおりである。

東急カード:チャージ金額の1%

JALカードSuica:1000円につき15JReポイント

 

 そして、それぞれのポイントは、次のレートでJALマイルに交換できる。

東急カード:2000ポイント→1000マイル

JALカードSuica:1500 JReポイント→1000マイル

 東急カードでJALマイルに交換するには、最低でも2000ポイントを得ること、すなわち20万円ぶんの使用が必要である。東急カード、JALカードSuicaでそれぞれ20万円ぶん使用したときに得られるJALマイルは以下のようになる。

東急カード:2000ポイント→1000マイル

JALカードSuica:3000JReポイント→2000マイル

 

 したがって、同じ金額を使用しても、JALカードSuicaモバイルSuicaオートチャージすることで、東急カードでモバイルPASMOオートチャージしたときの2倍のマイルがたまることがわかる。

 主に西武線での使用になったとしても、定期券以外での使用においては、モバイルSuicaのほうが優れているのである。

 ただし、西武の自販機では、プリンスポイント10倍キャンペーンが行われるときがあるし、メトロの乗車ポイントがつく。一方で、JRも乗車ポイントがつく。基本的には、西武の物販とメトロ乗車のときはPASMO、それ以外はSuicaを使用することが望ましいという結論になった。